高品質、低価格へのこだわりQuality

株式会社アースダンボールは、高品質なダンボール製品を皆様にお届けできるよう日々努力しています。

品質へのこだわり

高品質であり続けるための設備

設備

株式会社アースダンボールは、高品質、低価格の商品をいち早くお客様にお届けできるように、素早い経営判断によって最先端の設備を導入しております。
下記、一例です。

新型アニロックスロール「ユニコー」
日本で第1号の導入となったオランダ製のアニロックスロールです。
ユニコーロールは通常点状の網穴にインクを転写して印刷する方法ではなく、微細なウェーブ状に加工した溝から転写する方法をとることにより、印刷の繊細さとインクの盛りという相反する課題を解決した特許技術です。
このユニコーロールが標準装備になります。
新型アニロックスロール「ユニコー」とは?
小ロット専用箱製造機「マルチスロッター」
日本で数台しか導入されていない希少な機械です。
箱の製作には二方向から直角に線を入れることや切れ込みを入れる工程があり、それぞれを別の機械で入れていますがマルチスロッターの場合は1回機械を通すだけで二方向の折り線と切れ込みを入れることができます。
短時間で効率よく加工ができる小ロット多品種が得意な製造マシンです。
フルカラーインクジェット印刷箱
2000年、エプソンから大型インクジェット機が発売されると同時に購入。
業界でいち早く小ロット、フルカラーインクジェット印刷箱の受注をスタートさせました。
ダンボール個別原価計算システム「箱丸君!」
2000年、WEB上で見積もりから注文まで出来る独自の自動見積もりサービスをスタート。箱の許容重量の強度計算や保管場所の容量計算も可能に。
電子手帳でダンボール見積と強度計算ができる「ケースマスターカード」
1990年、ロット数や箱の大きさなどを統計分析し簡単な関数などを使い、適切な原価を出す原価見積もりシステムを開発。シャープの電子手帳に取り付けられるようにし、業界向けに売り出したところ約300セットを販売。その後、注文ごとに在庫置き場の占有面積や、占有時間など、様々なコスト要因を組み込んだ個別原価計算ができるようにプログラムを改良。

お客様のために

株式会社アースダンボール代表取締役社長:奥田敏光

社訓「断らない」「できないと言わない」

私たちアースダンボールの箱職人は、「断らない」「できないと言わない」を社訓とし、 「お客様のニーズに応える商品の幅広い品揃え」、「アイデア光る新商品の開発」、「お客様から"ありがとう"と言って戴けるサービス」を心がけています。
そのことが、お客様の”便利”に貢献し、お客様に喜びと感動を与え、そして何より幸せになっていただくことを使命と考えています。

他社でできないことを、何としてもやりぬくこと、どうしてもできないことは代替案によってより良いアイディアを提供すること、 それは、すべてお客様の笑顔のためであり、私たちの使命です。

これからも、お客様に喜んでいただける製品、サービスを提供して参りますので、末永く宜しくお願い致します。