エコへの取り組みCSR

株式会社アースダンボールは、ダンボール製品を通じて、社会貢献できる会社を目指しています。

社会貢献

ダンボールはエコそのもの

ダンボール再生

ダンボールは昔からリサイクルの超優等生です。

日本は「ちり紙交換」など紙のリサイクルに関しては独特の優秀な文化がありました。 新聞紙や古紙回収に回される紙は製紙工場でまた、ダンボール原紙などの用紙に産まれ変わります。
アースダンボールで生産しているダンボールも優秀な日本の古紙再生技術によって作られています。

また、工場で製品化の工程で出される断ち落とし部分(端材)も回収され、ダーボールへと生まれ変わります。 つまり、ダンボール工場は、他業種と違いゴミの出ない環境にやさしい工場なのです。

社会責任

アースダンボールにできることは、お客様の希望を叶えること

お客様にご注文いただくオーダーの中には、まったく利益のでない商品もあります。

たった1箱だけのオーダーメイド、他社では断られる複雑な形状の箱など、なぜ私たちは利益のでない商品も受注するのでしょう。
それは、私たちがやらなければ、そのお客様はお困りになるからです。大切なビジネスが破談になってしまうかもしれません。

アースダンボール58年の歴史の中でも、私たちが苦しい場面では、様々な方々に助けていただいたこともありました。
そう考えると今、私たちがお客様のためにできることを、出来る限りご提供することがそのご恩返しであり使命でもあるのです。

アースダンボールがやらなければ誰がやる?(スタッフ談)

ダンボールをお求めになるお客様の中には、かなり特殊なダンボールをお考えの方もいらっしゃいます。
その時、
もしも、私達アースダンボールが作らなかったら・・・・
一体そのお客様はどこでそのダンボールを入手することが出来るのだろうか?

いや、きっと日本中探しても、買うことは出来ないのではないだろうか?
そう思うことが時々あります。

色々なご注文がありました。


もしも、私達が断ってしまったら・・・・
その希望は叶えられなかったかもしれません。

しかし、私達は断ると言うことは極力、極力しません。

そして上記のようなお客様の希望をかなえてきました。

それが私達、アースダンボールの社会的使命です。
アースダンボールがやらなかったら・・・・お客様にはもう後は無いかもしれない
だから 私達はがんばります。